【PowerApps】既存データに連番を付与する方法

既存のデータに連番のデータを追加する方法を解説します。

目次

完成イメージ

SharePointやスプレットシートの元データに連番のデータを付与しています。

作り方解説

STEP
ボタンを追加し、処理を入力する

連番用にコレクションを作成するため、ボタンコントロールを追加し、ボタンコントロールの
OnSelectプロパティに以下のコードを入力します。
※元データには、「都道府県data」を使用しています。

ForAll(
    都道府県data, //元データを入力
    Collect(
        コレクション, //コレクション名はなんでもOK
        Patch(
            ThisRecord,
            {連番: CountRows(コレクション) + 1} //コレクション名は上記と同じ
        )
    )
);
STEP
ギャラリーを追加し、Itemsプロパティに上記で作成したコレクション名を指定

ギャラリー内に表示したいラベルコントロールを追加しておきます。

STEP
プレビューモードでボタンを押すと表示されます。

ギャラリーの表示

コレクションの表示

まとめ

今回は、元データをForAll関数で読み込み、コレクション内で「連番」という列を追加し、データには、レコードの件数ごとに1を追加することで連番を作成できました。
ぜひ活用してみてください。

おすすめ書籍紹介

ブログやYouTubeで学習するのも良いのですが、やはりより深く勉強するには書籍がおすすめです。
初心者に特におすすめの書籍になります。

楽天ブックス
¥3,168 (2024/06/17 20:48時点 | 楽天市場調べ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次