【PowerApps】Calendar関数解説

目次

Calendar関数とは?

Calendar関数は、現在のユーザーの言語で月と曜日を表示してくれる関数になります。

構文

以下は、ドロップダウンコントロールのItemsプロパティに記述します。

Calendar.MonthsLong()   //月を表示
Calendar.WeekdaysLong()  //曜日を表示

Calendar関数の使い方

Calendar関数は、テキストコントロールなどには使用できず、主にドロップダウンコントロールに使用します。

以下の図のように簡単に月のドロップダウンと曜日のドロップダウンを作成できます。

まとめ

Calendar関数は、ユーザーの言語で表示されるため、グローバルで使用する場合、国ごとに設定しなくていいので便利かもしれませんね。

おすすめ書籍紹介

ブログやYouTubeで学習するのも良いですが、やはりより深く勉強するには書籍がおすすめです。
初心者に特におすすめの書籍になります。

楽天ブックス
¥3,168 (2024/02/26 14:51時点 | 楽天市場調べ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次